早稲田大学受験生の知っ得情報サイト 個別相談


学生生活日記画像

ワセモンボランティア相談員が親切・丁寧にお答えします


みなさん! 今何を考えていますか!?

「そろそろ始めないとまずいかな!?」
「勉強やりたくないな~」
「相談する相手がいないんだよな~」
「早稲田大学マジ行きたい!」
「大学ってどう言うところなのかよくわからないな・・・」

などなどいろいろ考えていると思います。そんな時は・・・・
どんな事でも、ぜひ相談してみてください!
ワセモンのスタッフはどんな質問でも本気で答えます!
なぜなら、受験生並びに、希望ある高校生の役に立ちたいからです。

受験生のみなさんも、関係各位の皆様も本気だと思いますが、私たちも本気です!! このワセモンを通して、一人でも多くの人が何か得る事のできる場所を提供したいと思っています!

by Wasemon Special Staff


相談方法は3つあります


1.ワセモンツイッターへ直接メッセージを送って下さい。

一番気軽で簡単な方法です^^ちょっと聞いてみたいことだったりとか、早稲田の情報が知りたい時は積極的にメッセージ送って下さって大丈夫です。ただツイッターの性格上、勉強方法や相談にこと細かには答えられないことをご承知ください。 ⇒ワセモンtwitter



2.メールアドレスへ、直接お送り下さい。

もう少し踏み込んだ質問だったり、自分に合った的確な回答がほしい場合などはメールがベターだと思います。もちろん些細な内容でもまったく問題ないです^^メールの相談内容を考慮して最適な回答が出来る人、またはみんなで考えて返信します。相談後も定期的に連絡を取り続けることも大歓迎しています!


◆お名前(ニックネーム可)
◆性別
◆学年
◆出身地
◆志望大学と学部
◆相談内容

を記入の上、こちらからお送りください。



3.ワセモンスタッフと直接会って話ができます。

これは普通の受験生向けサイトではほぼ実現不可能なことです。上にも書きましたが、気楽な感じで全然かまいません。スタッフはとにかく話を聞くのと、励ますのがうまいです(笑)。

勉強方法をはじめ、本気で悩んでること、顔を知っている人などには相談しにくいことなど幅広くワセモンスタッフが応えます!同性のスタッフが対応しますので、男子にしか、女子にしかわからないような内容でも全然大丈夫です!


◆お名前(ニックネーム可)
 ◆性別
 ◆学年
◆出身地
◆志望大学と学部
◆相談内容
◆希望日時

を記入の上、こちらからお送りください。


よくある相談 Q&A

とはいってもどんな質問していいのかわからない皆さんのために幾つか今まであった事例を紹介します☆

<ご相談内容一覧>


>>「モチベーションを保つのが大変です」
>>「記憶力が人より悪いです」
>>「ケアレスミスがどうしてもなくなりません」
>>「学校のテストはできるのに模試ができません」
>>「どうして勉強しなくちゃいけないんですか?」
>>「判定が悪くて泣きそうです」
>>「先生や親に志望校下げたらどうか、と促されました」
>>「いろんなものに流されます。友達、携帯、ゲーム、テレビ、マンガ…」



モチベーションを保つのが大変です


これは受験においてみんなが絶対にぶつかる壁だと思います。というか受験だけじゃないですよね、部活、資格の勉強、就活、仕事。これについては10人いれば10通りのモチベーションの上げ方保ち方があると思いますが、誰にでもあてはまる秘策があります。

受験を楽しむことです。

「はぁ?」という言葉も聞こえてきそうですが、人間は好きなことは楽しいですよね。モチベーション上げよう!とか思う必要すらないですよね。受験を楽しむのが秘策です。

「でもこんな苦痛をどうやって楽しめと言うんだ?」そんな苦痛さえも楽しんでしまいましょう。過程というのは誰もが苦しいものです。でもそのもがきの過程があってこそ、実が実った時に喜びが得られるんじゃないでしょうか。

1日頑張った人と、10日頑張った人と、100日頑張った人と、1000日頑張った人では、同じ大学に合格したとしても絶対得られる喜びは違いますよね?常にゴールを見据えて、誰よりもゴールで輝きましょう!そのためには過程の苦痛を楽しむことです。

TOPへ戻る

記憶力が人より悪いです


人より記憶力が悪いと思うなら、人よりさらに勉強するしかありません。2分の1しか記憶力がないなら、2倍勉強するくらいの気概を持ちましょう。

一番よくないことは「記憶力が悪い」ということを言い訳にして、何もしないでいることです。

あなたが勝負するのは、参考書を読んだら頭にその内容がそのまま入ってしまうような人ですか?違いますよね。あなたが相手にするのは、あなたのように記憶力で悩んでいる人たちです。そういう中で努力した人が受かるんです。記憶力が悪いからと言ってさじをなげますか?立ち向かいましょう。

あと、記憶というのにはコツがあります。詳しくは受験テクニックのところに書いていますので参照してみてください。

TOPへ戻る

ケアレスミスがどうしてもなくなりません


これは本当に自分も悩みました。いや、みんな悩んだでしょう。

早稲田なんてほとんど(全部?)がマーク試験だから、塗るところ間違えたらもう終わりですもんね。部分点がないマークは本当に残酷な試験だと思います。

さあここでケアレスという言葉を考えてみましょう。careless、不注意なという意味ですね。そう、ケアレスミスはただの不注意です。だから「このケアレスミスがなかったら」とか「これはケアレスミスだから次は大丈夫」とか言うけど、それは絶対に言ってはいけない。

自分の不注意で志望校に落ちるってことのおそろしさを考えないといけません。自分の不注意で自分の人生が変わってしまうということを本当に認識しましょう。つまりは、ケアレスミスも自分の実力のうちです。

いつまでケアレスでいるつもりですか?

ケアレスミスは「一番たちが悪い間違い」です。
一番やってはいけない不正解です。

このことをまず認識して下さい! そうすれば、改善されていきます。


TOPへ戻る

学校のテストはできるのに模試ができません


よくいらっしゃいますね。でも大丈夫です。
あなたは学校の教材や課題を着実にこなす精神力と忍耐があるから、これは受験で本当に役に立ちます。そこは誇ってください。

問題は「模試ができない」ということ。

はっきり言ってこれは勉強の方法が間違っている場合が多いです。先生が出すと言った場所ばっか勉強して、受験でよく出される場所を勉強しなかったらそれは意味がないですよね。

たとえば、定期テストの古文を取り上げます。定期テストの古文の勉強で一番しなければいけないのは古単語と文法です。ストーリーを覚えることではありません。英語のテストを受けるのに、教科書の和訳を何回も読んだりしてませんか?申し訳ないですが、はっきり言って無駄です。推薦を考えて学校の成績を上げたい人はぜひやってください。定期テストに全力を注いでください。

でも一般受験を考えている人は、学校の定期テストは受験勉強の一角だといつも思って試験勉強しないといけません。定期テストは本来ムダではない、というかとても有効です。

問題は受験勉強として試験勉強に取り組んでいるかどうかです。試験勉強をしているときに、「これは受験でも役に立つパートだ」とか「この勉強方法はとてもいいぞ。ほかの参考書にも適用してみよう」とか考えながらやるクセをつけましょう。

TOPへ戻る

どうして勉強しなくちゃいけないんですか?


そんな弱音を吐くあなたにこう問いましょう。
「なんで生きなくちゃいけないんですか?」

もしあなたが「どうして勉強しなくちゃいけないのか?」と親や教師に聞くならば、きっと満足する答えは返ってこないと思います。なぜなら彼らは自分の経験から語るからです。でもその経験をあなたはまだしていないわけで、当然そんな経験則の話、納得できるわけがないのです。

当然このウェブサイトに書いてあることもあなたの疑問を完璧に解決できるとは思っていません。古文読んだり、三次方程式解いたり、そんなことが将来役に立つのか?とか言われたら、そんなことは分かりません。役に立つこともあるでしょうし、一生お蔵入りということもあるでしょう。

でもこれは忘れないでほしいです。

あなたは勉強する意義に疑問を感じられるほどに恵まれているという事実を。

TOPへ戻る

判定が悪くて泣きそうです


「2年春、初めての判定はEだったけどまだ受験は先だから大丈夫!3年春、まだ部活やってるからE判定でもしょうがないよね。3年夏、まだ勉強初めて3か月くらいだし、模試受けたころより今の方がはるかに実力ついてるからE判定でもめげないさ。3年秋、またE判定、なんで判定上がんないの?え?なんで?勉強してるのに?三年冬、結局センター後もE判定か・・・。先生と親に志望校変えろって言われちゃった。もう受験だめかな・・・」

こんな悲痛な叫びが聞こえてきそうですね。

しかし気にしないでください。判定なんか当てになりません。

だいたい模試と志望校の受験問題違うんですから。模試で大事なのは判定ではなくて復習です。模試は言ってみたら診断みたいなもの。診断して悪いところを教えてもらったならば、自分で薬局に行って治しましょう。薬を飲まなかったら病気は永遠に病気のままです。

ただ、一つ言わなければいけないとするなら、ある統計で判定通りにくっきりと合格率が分かれているということです。判定は個人で見るなら当てはまりませんが、集団で見るならばかなりの的中率だということを明言しておきます。

受験当日を見据えて勉強してください。

TOPへ戻る

先生や親に志望校下げたらどうか、と促されました


あなたの成績の上り幅と伸びしろ、そして精神力を考えてみましょう。

頑張ったら届きそうかな、くらいが志望校にちょうどいいです。頑張らない受験はつまんないでしょう。3年の冬に偏差値が20足りなければ、仙人のように山にこもって勉強するくらいしないと受からないでしょう。しかし10くらいなら努力と運でどうにでもなりそうな気がします。

第一志望が国立だったら慎重に選ぶ必要があると思いますが、私立は金銭的な問題がなければたくさん受けられますので、志望校を下げる必要はないと思います。

あと志望校は高い方が頑張れるからいいと思います。なんだかんだで直前に変えることもできますしね。

東大目指して勉強してたから早稲田は余裕で受かった人が、もし早稲田を目指していたら早稲田にも入れていないかもしれないことは十分に考えられます。日大に落ちて、早稲田の国教に受かった人もいます(※日大だけでなくマーチより下の10数個の大学全滅で、第一志望の国教だけ合格)。

TOPへ戻る

いろんなものに流されます。友達、携帯、ゲーム、テレビ、マンガ…


なぜでしょうね・・・勉強のときにしきりに携帯を開いてしまうのは。別に仲良くない友達とおしゃべりで時間つぶしてしまうのは。どうでもいいテレビ番組を見続けてしまうのは・・・

でも心を鬼にして、勉強の時間は勉強に集中しましょう。勉強以外の時間にまとめて遊んで下さい。一日24時間もあるんです。7時間睡眠に使ったとして、17時間。17時間みんな勉強するわけじゃないですね。うまく時間を裂いて使えばよいでしょう。

大事なのは「メリハリ」

勉強のときにどうしても携帯を見てしまうなら、電源を切って親に預けるなり、テレビを見てしまうならプラグごと抜いたり、勉強する部屋からテレビを排除したり、勉強は塾の自習室や図書館でするなり、そういった誘惑に流されそうになった時にブロックするステップが多ければ大丈夫なことが多いです。

個人的には禁欲的に、ストイックに、勉強一本に集中する自分になるという、それ自体に甲斐を感じていました(笑)

TOPへ戻る