早稲田大学受験生の知っ得情報サイト 合格体験記


学生生活日記画像



合格体験記.11

早稲田大学商学部 Lさん


●各科目の勉強方法

☆英語…単語帳は一冊どれか自分にあうものをやればいいです。
大事なのは、例文も一緒に覚えること。単語だけ覚えても、付属する前置詞などを 覚えなければ意味がありません。


文法書は自分の通っている塾のを使えばいいとおもいます。
あと、英語は音読が効果的です!同じ文を何度も読むと不思議と力がつくみたいです。
feelingで解ける力も大事ですが、それは本番の話であって、普段英文を読むときは S、V、O、Cをふったほうがいいです。
構造がわかった上で、feelingで解ける力も あればいうことはありません。


☆歴史…僕は世界史でしたが、日本史と共通していえることは流れで覚えることです。
塾の先生も同じことをいうと思いますが、これは本当に大事なことです。
学校の教科書をまず熟読してください。おそらたいていの学校はく山川の教科書だと 思いますが、暗記するレベルまで読んでも損はありません。
流れで覚えた方が覚え やすいし、記述にもつながります。よく一問一答とか、赤シートで隠すやつがあり ますが、あれはあまり僕はおすすめしないです。完全に教科書を熟読した上でやる分 にはかまいませんが、最初から単語だけで覚えようとするのは非効率的です。
あくまでも、復習用にちょこっと使う程度にしておいてください。
難しいですけど、Z会の「実力をつける世界史100題」はおすすめです。
これ全部覚えれば早稲田でも慶応でも、9割はとれます。嘘じゃないです。
MARCHレベルだったら、ここまで難しいのはやらなくてもいいかもしれませんが…


☆国語…現代文に関しては塾でお世話になったので、特におすすめのテキストはありません。
ただ、記述問題は、答えみる前に絶対自分の答えを絶対作ってください。
そうしないと意味ないです。選択問題はア〜オぐらいの五択のうち、ありえないのを
けしてって、だいたい二択になるので、あとはフィーリングってかんじです。


古文は、単語力です。特にひとつの言葉に対して四つくらい意味をもつ単語とかが 頻繁にあるので、めんどくさがらないで覚えましょう。
英語と違って、知らない単語を すっとばして呼んでくと、おそろしいことになります。
400〜500語くらい覚えれたらいいです。助動詞ももちろん面倒ぐさがらず おぼえてくださいね。


漢文は、田中雄二の「早覚え速答法」やっって、あとは自分で好きにしてください。
漢文にかんしてはあんまし、力をいれすぎるべきではないかと思います。

TOPへ戻る

●後輩へアドバイス

・多くの参考書に手をだしすぎない
・過去問は三年夏休み後からで十分間に合う。はやくからやるべきではない。
・週休1日はとる。休みの日は絶対に勉強しない。好きなこと好きなだけする。
だから、休みの日以外は妥協しちゃだめ
・受験近くなると、心おれそうになるけど、「親のために」と思えば不思議とやるきがでるものです。

TOPへ戻る